メインコンテンツ

ヘレナ ルビンスタイン メディカル アドバイザリー
貴子先生

松倉クリニック代官山 院長。日本形成外科学会認定専門医。
京都大学附属病院など大学病院を経て、都内の外科クリニック院長などを歴任。
「予防美容」や美容医療の専門知識を分かりやすく伝え、多数のメディアで活躍中。

第一回:「予防美容」とスキンケア

#予防美容 #トータルビューティ #スキンケア #保湿

初回は、貴子先生が考える「予防美容」とスキンケアについてお聞きしました。

Q1.貴子先生が考える「予防美容」とは?

私の治療理論は「予防美容」がキーワードになっています。今現在の悩みを改善するのはもちろんですが、 今後数年、数十年も付き合っていく自分の肌や体とどのように向き合っていけばいいのかを考えて、お一人お一人にあわせた提案をさせていただいてます。
美を総合的にとらえることも重要視しています。美容皮膚科治療、サプリメントや点滴でのインナーケア、そして何よりご自宅で行うスキンケアも大切な要素です。ホームケアでいかに効果的なアイテムを選ぶかの選択が重要になってきます。

Q2. 「予防美容」のためのスキンケアアドバイスは?

私たちができる最も簡単な「予防美容」は保湿とUVケアです。
肌の老化原因である光老化を避け、保湿により肌を保つことが重要です。具体的には、自分の皮脂を落としすぎないようにして、日中受けたダメージを夜間にしっかりケアしてくれる保湿ケアが、将来の若々しい肌を保つために望ましいと思っています。
今まであまりスキンケアをしてこなかった方は、ピーリングや美容液に手を出しがちですが、まずしっかり保湿するようなクリームで肌の状態を整えてていく方がより効果が実感しやすいと思います。

Q3. 予防美容は何歳からがベスト?

今からでも遅くありません!
水分量の低下する25歳前後、皮脂量の低下する35才前後の二回、肌の曲がり角と言われます。
前もってケアしておくのがベストですが、それ以降も日々私たちの肌は内的・外的ダメージに晒されているので、はじめる時期はいつでも遅くありません。
今のご自分の肌に満足している方も、満足していない方もお手入れをすることにより肌は応えて輝いてくれます。
ぜひこのコラムが皆さまのスキンケア見直しのきっかけになると嬉しいです。

次回は、「予防美容」と美容皮膚科治療です。

第二回:「予防美容」と美容医療

#予防美容 #美容皮膚科治療 #ダウンタイムのスキンケア #保湿

第二回目は、貴子先生のクリニックでの人気の美容皮膚科治療と、ダウンタイムのスキンケアについてお聞きしました。

Q1.松倉クリニック代官山での人気の「美容皮膚科治療」は?

日本人を含めアジア人は欧米人に比べると傷跡が残りやすいため、私のクリニックではできるだけ切らなくてよい方法「美容皮膚科治療」をお勧めしています。

通年を通して人気のシミ治療:フォトフェイシャル
フォトフェイシャルはIPLという光を顔にあてることにより、しみやくすみなどを改善する治療です。効果がわかりやすく、治療直後に絆創膏などで保護する必要もないため、メイクをしてそのままお帰りいただくことも可能です。

リフトアップ治療:ハイフ
ハイフは高密度の超音波を筋膜に照射してリフトアップ効果を出すもので、リフトアップ治療の中で比較的新しいものです。今までのレーザーに比べより深部に照射できるため効果実感を感じやすいと言われています。

フィラー治療:ヒアルロン酸&ボトックス
ヒアルロン酸・ボトックスの大きな違いはヒアルロン酸が静的なしわを、ボトックスが動的なしわを改善するということです。
ヒアルロン酸注射は、私たちの肌の構成成分であるヒアルロン酸を、静止時にも凹んでいる場所、例えばホウレイ線などに注入し膨らませてフラットにする治療です。
ボトックス注射は動作時にできる表情ジワ、例えば目尻や眉間などの筋肉の動きを止めて笑いジワなどをできにくくする治療です。

Q2.ダウンタイムとは?

医学的にはダウンタイムというのはメイクをしてはいけない期間、腫れや内出血がある状態を指します。
一般的には、例えばフォトフェイシャルでのシミ治療で、シミが浮き上がってくる数日間を「ダウンタイム」と言う方もいらっしゃいます。

Q3.ダウンタイムに大切なスキンケアは?

ダウンタイムは治療の種類にもよりますが、例えば、レーザー治療の場合は施術後に保湿をしっかりすることが大切です。
レーザー治療の原理として、一度皮膚に傷をつけて、その再生過程でコラーゲンを増生し、ターンオーバーを高めます。そのため肌が本来持っている治癒機能を生かすためには、しっかり保湿をして環境を整えておくことがとても重要なのです。
また、治療を受ける前から保湿を十分にして肌状態を整えておくことも重要です。整った肌の場合、効果実感が得られやすく、治療の持続性が高いと言われています。
すべてのスキンケアを変更するのは難しいと思いますので、治療前の準備と治療後の修復と効果の持続のために、保湿力の高いクリームを1アイテム、スキンケアに取り入れてみることからはじめてみてください。

次回は、「予防美容」と血行促進についてです。

ヘレナ ルビンスタイン メディカル アドバイザリー
貴子先生

松倉クリニック代官山 院長。日本形成外科学会認定専門医。
京都大学附属病院など大学病院を経て、都内の外科クリニック院長などを歴任。
「予防美容」や美容医療の専門知識を分かりやすく伝え、多数のメディアで活躍中。
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください