メインコンテンツ
REPLASTY AGE RECOVERY   白と黒のバンデージ メソッドで 24時間*1包み込む 自信に満ちあふれたハリのある肌へ
NIGHT CREAM 見違えるようなハリ感、速攻の黒。 生まれ変わったようなハリ感へ。 夜のバンデージ メソッド*1  DAY CREAM なめらかでうるおいあふれるハリ感、速攻の白。 日中の影響をため込まず持ち越さない、 朝のバンデージ メソッド*1

Beauty is Power
HELENA RUBINSTEIN featuring RIO ASUMI

「Beauty is Power」 美こそ力なり。 ヘレナ ルビンスタインを象徴する白と黒のバンデージ メソッド*1で包み込む「リプラスティ R.C. デイ クリーム」と「リプラスティ R.C. クリーム」にまつわる2つのストーリー。美しさは女性に力を授けるもの。 元宝塚歌劇団トップスター、現在は女優として映画やドラマ、舞台で活躍する明日海りおさんが、             ピアニスト、ファッションデザイナーの2人の女性を1日を通して、美しさが女性たちに自信を与え、自己表現を後押しするために欠かせないものであることを表現しています。             明日海りおさんがカバーするJUJUの名曲「やさしさで溢れるように」とともに贈るスペシャルムービー。美しさは、どこまで限りなく引き出せるもの。美しさともに輝かしい未来へ。 *1 朝と夜、包み込むように肌に塗布すること

「Beauty is Power featuring RIO ASUMI」スペシャルイベント

「Beauty is Power featuring RIO ASUMI」
スペシャルイベント

女優 明日海りおさんをお迎えしたスペシャルトークイベントの模様を
当日の写真と共にお届けします。

当日は抽選にて当選した約80名のお客さまを、東京タワーの夜景を堪能できる眺望の良い会場にお招きしました。
まずはブランドロゴを模したデザートをお召し上がり頂きながら、120周年を迎えたヘレナ ルビンスタインの歴史についてご紹介。

そして遂に明日海りおさんがご登壇され、スペシャルトークショーがスタート。
明日海さんは、ヘレナ ルビンスタインのベストセラー「リプラスティ R.C. クリーム」はもちろんの事、同シリーズの美容液「リプラスティ プロ フィラー コンセントレイト」も愛用されているそう。

プライベートのお話や、宝塚時代の秘話など貴重なお話の連続に、ファンの方にとっては至福の時間となりました。

元宝塚トップスターで女優の明日海りおに聞く
「Beauty is Power」美こそ力なり

Vol.1
受け継がれるべきレガシー
明日海りおさんが紐解く、創始者マダム ヘレナ ルビンスタインの美の格言

「美しくない女性は存在しません、いるとすれば怠けている女性だけです。」
« There are no ugly women, only lazy ones. »

“美しくなれるチャンスはみな、平等にある”
そんなメッセージを受け取りましたが、明日海さんはいかがでしょう。

10代の頃から人前に立つお仕事をしてきて感じているのは、手を抜いたり、怠けたり、何かを疎かにすると、必ず結果として現れていくものだと。もちろん、怠けているつもりはないんですが、たとえば、体調管理が疎かになれば、不調となって現れますし、きちんと努力すれば自分の基礎力にもなってくれる。

スキンケアに置き換えて言えば、毎日のお手入れをきちんと続けることが大事なのだと思います。継続していくことで、結果も出てくるし、それが自信につながっていくような気がします。

それにしても、当時は男女の価値観やパワーバランスに大きく差のあった時代。女性たちは、今以上に努力が必要だったのかもしれません。どれほど大変な時代だったのか、マダムに会って聞いてみたいですね。

「努力が必要なら、あらゆる手を尽くすべきです。そうすれば自分を高めることができます。」
« When in need of work, take anything you can get. Then, you can improve yourself. »

明日海さんが役作りに合わせてコンディションを整え、健康管理を徹底する、
その姿勢とつながっているように思いますがいかがでしょう?

体調管理やスキンケア、メイクに関しては、自分自身が大好きな仕事のためなので、努力だとは思ったことがなくて…。誰もがきっと、好きなことに対しては同じ感覚なのではないでしょうか。ただ、「あらゆる手を尽くすべき」というマダムの言葉の裏には、いろいろ試してみなさい、その経験が自信につながるんですよ、そんなメッセージを受け取りました。

努力していると思うと、結果を求めますし、いい結果につながらないと残念に思いがち。でも、努力とは思わず、さまざまな経験を積み、自分を磨いていくことは、重ねるほどに自分の一部となり、たくさんの引き出しになっていくものですし、いつか役に立つのだろうな、と。

私の周りにも、年齢を重ねるほどに考え方にいきみがなく、素敵になられていく女性がたくさん。いつも多くの刺激をいただいていますが、そういう諸先輩方と接していると、経験には一切の無駄がなく、すべてが自分を高めていくことにつながるっていくのだろうと実感できるんです。

「美こそ力なり、何よりも大切な力です。」
« Beauty is power, the most important of all. »

マダムは「美しさこそ力になる」と語っていますが、美しさはどんな力になるのでしょうか?
明日海さんの原動力となっているものはなんでしょうか?

時代によってキレイの理想像は流行りと共に変化していますが、肌の美しさは永遠だと思います。透明感と清潔感、心がきれいな人は目も澄んでいるし。可愛いものや美しいものを美しいと感じる力、マダムはそういうことを大切にしなさい、そう言ってくれているような気がします。

そして、私にとっての原動力は、周りにいる美しい人、素晴らしい人、憧れの人、理想に少しでも追いつきたい、そういう意識でしょうか。「以前よりできるようになった」「以前より表情がイキイキしている」など、少しずつ近づいている、そんな手応えが楽しいし、私にとっての力になっていると思います。

そして割と追い込み系(笑)なので、舞台でも、汗だくで限界!っていうような役が好き。自分の体と気持ちがすべて使えて、役割を果たせているといった燃焼感が原動力にもなっています(笑)

Vol.2
明日海りおさんが紐解く、リプラスティ R.C. クリーム伝説

誕生以来、世界中で愛され続けるブランドが誇る名品。リプラスティ R.C. クリームの印象はいかがでしょうか?
柔らかいフォルムなのに、黒と白がミニマムでスタイリッシュ。ドレッサーにあると一際、存在感がありますし、お手入れの時間が楽しみになるほど、心強い印象です。

香りも強すぎず、ざらついた心を包み込んでくれるような優しい香りにほっとします。クリームを手にとった時の第一印象は“力強い!” 厚みのあるリッチな感触で、バンデージクリームとして愛され続けているというのも納得です。「絶対、支えてくれる」そんな感じがしました。

一度の使用で何かが違う、上向きに整っていくような手応えは大きな魅力ですね。私にはバンデージクリームがあるから大丈夫、と思えますから。出会った瞬間、決して裏切られることのない“生涯のクリームになるのでは!”とときめきました。

明日海さんが理想とする肌とは?
肌の悩みは尽きなくて、いちばんの関心事項は乾燥ケアです。乾燥が進むと、今まで見えなかったシワまで浮上してくるので、特に気をつけています。仕事では、自分でメイクもしますが、プロのヘアメイクさんにお願いすることも多く。ファンデーションやツールを含め、乾燥させないよう気を使っていただいていますが、自分でも同じように手をかけないといけないな、と参考にしています。

理想は、透明感と清潔感、生き生きと血色感を併せ持った、そんな艶やかな肌ですね。

バンデージクリームを世に送り出したヘレナ ルビンスタイン。物語の始まりもまたクリームでした。
ブランド創設のきっかけが、マダムが母から手渡されたクリームだったことを伺いました。故郷から一人、船でオーストラリアに渡ったマダム。乾燥の激しいオーストラリアで困っていた女性たちを届けようと、クリームを独自に開発したというのですから驚きました。母の愛情たっぷりに育てられたからこそ、困っている人たちにも愛情を注げたのでしょう。マダムの格言は時に厳しくもありますが、愛があることがわかりますし、かっこいいですよね。物語の始まりがヴァレーズというクリームですし、R.C. クリームがブランドの真髄であることも、よくわかります。

Vol.3
明日海りおさんが語る、美しさの定義と輝ける未来

明日海さんの周りにはたくさん「美しい人」がいらっしゃると思いますが、どんな印象を持っていますか?
本当にたくさん!60歳を超えているとは思えない、そんな先輩も多く、年齢がわかりません。(笑)。目線の先にいらっしゃる先輩方は、そこでずっと止まっていて、後から自分が追いついていく、そんな感覚です。美容だけでなく、ファッションやライフタイル、食などにも好奇心旺盛で、生き生きと人生を楽しんでいるからなのでしょうか、いつも眩しいほど輝いているんです。

共通しているのは、何事に対しても柔軟で、受け入れる力がすごいということでしょうか。出会いを大事にされていて、日々、彩り豊かに過ごされている。いつもたくさんの刺激をいただいていますね。

美しく健やかでいるために、明日海さんが心がけていらっしゃることは?
自分のことをよく観察するよう心がけています。自分をスキャンして咀嚼しながら、どうありたいのかを明確にするためです。コンプレックスがあれば、どう補うかを考え、課題があれば乗り越えて、自信につなげたいとも思っています。いま、これこれこうだから運動しなきゃ、とか、医師に相談しなきゃ、とか、自分基準を見極め、ひとつひとつクリアにしていくということでしょうか。

観察はもっぱら、鏡を見るタイミングで。人から見られる仕事なので、失礼のないよう、常にチェックする習慣もあって。体調や心の変化があると、鏡に映し出されますし、鏡を通して自分を観察していると、些細な変化に気付くことができます。お風呂上がりや朝の洗顔時、メイクするときなど、鏡を見る機会って多いはずですよね。

ヘレナ ルビンスタインは年を重ねることを憂うのではなく、いつまでも美しく輝いていられる女性を応援していきたいと考えています。明日海さんはどんなふうに歳を重ねていきたいですか?
「えっ、おいくつになったんですか?」と驚かれるような人でありたいです。体をしっかり鍛えて、進化する美容にも助けられたら、どんどん元気になっていきますよね。見て下さっている方が、ずっと変わらないと健やかさを感じていただけたら嬉しいです。肌と身体が元気でいることが大事なので、先人たちからも情報をもらいつつ(笑)、こうしたほうがいいよ、と情報共有していきたい。もちろん、肌は進化し続けるヘレナ ルビンスタインの化粧品に助けてもらえることを期待して。

ファンをはじめ、多くのヘレナユーザーにエンパワメントとなるメッセージをいただけますか?
ヘレナ ルビンスタインの「Beauty is Power」という言葉には私本当に共感しておりまして、お肌が調子がいいときには自分に自信が持てる気がしますし、心も元気でいられるような気がします。もちろん、動画のように落ち込んでしまったりする日もあると思いますが、そんなときに自分自身を元気づけて、切り替えて前向きな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

Beauty is Power
HELENA RUBINSTEIN featuring RIO ASUMI

「Beauty is Power」 美こそ力なり。 ヘレナ ルビンスタインを象徴する白と黒のバンデージ メソッド*1で包み込む「リプラスティ R.C. デイ クリーム」と「リプラスティ R.C. クリーム」にまつわる2つのストーリー。美しさは女性に力を授けるもの。 元宝塚歌劇団トップスター、現在は女優として映画やドラマ、舞台で活躍する明日海りおさんが、             ピアニスト、ファッションデザイナーの2人の女性を1日を通して、美しさが女性たちに自信を与え、自己表現を後押しするために欠かせないものであることを表現しています。             明日海りおさんがカバーするJUJUの名曲「やさしさで溢れるように」とともに贈るスペシャルムービー。美しさは、どこまで限りなく引き出せるもの。美しさともに輝かしい未来へ。 *1 朝と夜、包み込むように肌に塗布すること

「Beauty is Power featuring RIO ASUMI」スペシャルイベント

「Beauty is Power featuring RIO ASUMI」
スペシャルイベント

女優 明日海りおさんをお迎えしたスペシャルトーク
イベントの模様を当日の写真と共にお届けします。

当日は抽選にて当選した約80名のお客さまを、東京タワーの夜景を堪能できる眺望の良い会場にお招きしました。
まずはブランドロゴを模したデザートをお召し上がり頂きながら、120周年を迎えたヘレナ ルビンスタインの歴史についてご紹介。

そして遂に明日海りおさんがご登壇され、スペシャルトークショーがスタート。
明日海さんは、ヘレナ ルビンスタインのベストセラー「リプラスティ R.C. クリーム」はもちろんの事、同シリーズの美容液「リプラスティ プロ フィラー コンセントレイト」も愛用されているそう。

プライベートのお話や、宝塚時代の秘話など貴重なお話の連続に、ファンの方にとっては至福の時間となりました。

元宝塚トップスターで
女優の明日海りおに聞く
「Beauty is Power」美こそ力なり

Vol.1
受け継がれるべきレガシー
明日海りおさんが紐解く、創始者マダム ヘレナ ルビンスタインの美の格言

「美しくない女性は存在しません、いるとすれば怠けている女性だけです。」
« There are no ugly women, only lazy ones. »

“美しくなれるチャンスはみな、平等にある”
そんなメッセージを受け取りましたが、明日海さんはいかがでしょう。

10代の頃から人前に立つお仕事をしてきて感じているのは、手を抜いたり、怠けたり、何かを疎かにすると、必ず結果として現れていくものだと。もちろん、怠けているつもりはないんですが、たとえば、体調管理が疎かになれば、不調となって現れますし、きちんと努力すれば自分の基礎力にもなってくれる。

スキンケアに置き換えて言えば、毎日のお手入れをきちんと続けることが大事なのだと思います。継続していくことで、結果も出てくるし、それが自信につながっていくような気がします。

それにしても、当時は男女の価値観やパワーバランスに大きく差のあった時代。女性たちは、今以上に努力が必要だったのかもしれません。どれほど大変な時代だったのか、マダムに会って聞いてみたいですね。

「努力が必要なら、あらゆる手を尽くすべきです。そうすれば自分を高めることができます。」
« When in need of work, take anything you can get. Then, you can improve yourself. »

明日海さんが役作りに合わせてコンディションを整え、健康管理を徹底する、
その姿勢とつながっているように思いますがいかがでしょう?

体調管理やスキンケア、メイクに関しては、自分自身が大好きな仕事のためなので、努力だとは思ったことがなくて…。誰もがきっと、好きなことに対しては同じ感覚なのではないでしょうか。ただ、「あらゆる手を尽くすべき」というマダムの言葉の裏には、いろいろ試してみなさい、その経験が自信につながるんですよ、そんなメッセージを受け取りました。

努力していると思うと、結果を求めますし、いい結果につながらないと残念に思いがち。でも、努力とは思わず、さまざまな経験を積み、自分を磨いていくことは、重ねるほどに自分の一部となり、たくさんの引き出しになっていくものですし、いつか役に立つのだろうな、と。

私の周りにも、年齢を重ねるほどに考え方にいきみがなく、素敵になられていく女性がたくさん。いつも多くの刺激をいただいていますが、そういう諸先輩方と接していると、経験には一切の無駄がなく、すべてが自分を高めていくことにつながるっていくのだろうと実感できるんです。

「美こそ力なり、何よりも大切な力です。」
« Beauty is power, the most important of all. »

マダムは「美しさこそ力になる」と語っていますが、美しさはどんな力になるのでしょうか?
明日海さんの原動力となっているものはなんでしょうか?

時代によってキレイの理想像は流行りと共に変化していますが、肌の美しさは永遠だと思います。透明感と清潔感、心がきれいな人は目も澄んでいるし。可愛いものや美しいものを美しいと感じる力、マダムはそういうことを大切にしなさい、そう言ってくれているような気がします。

そして、私にとっての原動力は、周りにいる美しい人、素晴らしい人、憧れの人、理想に少しでも追いつきたい、そういう意識でしょうか。「以前よりできるようになった」「以前より表情がイキイキしている」など、少しずつ近づいている、そんな手応えが楽しいし、私にとっての力になっていると思います。

そして割と追い込み系(笑)なので、舞台でも、汗だくで限界!っていうような役が好き。自分の体と気持ちがすべて使えて、役割を果たせているといった燃焼感が原動力にもなっています(笑)

Vol.2
明日海りおさんが紐解く、リプラスティ R.C. クリーム伝説

誕生以来、世界中で愛され続けるブランドが誇る名品。リプラスティ R.C. クリームの印象はいかがでしょうか?
柔らかいフォルムなのに、黒と白がミニマムでスタイリッシュ。ドレッサーにあると一際、存在感がありますし、お手入れの時間が楽しみになるほど、心強い印象です。

香りも強すぎず、ざらついた心を包み込んでくれるような優しい香りにほっとします。クリームを手にとった時の第一印象は“力強い!” 厚みのあるリッチな感触で、バンデージクリームとして愛され続けているというのも納得です。「絶対、支えてくれる」そんな感じがしました。

一度の使用で何かが違う、上向きに整っていくような手応えは大きな魅力ですね。私にはバンデージクリームがあるから大丈夫、と思えますから。出会った瞬間、決して裏切られることのない“生涯のクリームになるのでは!”とときめきました。

明日海さんが理想とする肌とは?
肌の悩みは尽きなくて、いちばんの関心事項は乾燥ケアです。乾燥が進むと、今まで見えなかったシワまで浮上してくるので、特に気をつけています。仕事では、自分でメイクもしますが、プロのヘアメイクさんにお願いすることも多く。ファンデーションやツールを含め、乾燥させないよう気を使っていただいていますが、自分でも同じように手をかけないといけないな、と参考にしています。

理想は、透明感と清潔感、生き生きと血色感を併せ持った、そんな艶やかな肌ですね。

バンデージクリームを世に送り出したヘレナ ルビンスタイン。物語の始まりもまたクリームでした。
ブランド創設のきっかけが、マダムが母から手渡されたクリームだったことを伺いました。故郷から一人、船でオーストラリアに渡ったマダム。乾燥の激しいオーストラリアで困っていた女性たちを届けようと、クリームを独自に開発したというのですから驚きました。母の愛情たっぷりに育てられたからこそ、困っている人たちにも愛情を注げたのでしょう。マダムの格言は時に厳しくもありますが、愛があることがわかりますし、かっこいいですよね。物語の始まりがヴァレーズというクリームですし、R.C. クリームがブランドの真髄であることも、よくわかります。

Vol.3
明日海りおさんが語る、美しさの定義と輝ける未来

明日海さんの周りにはたくさん「美しい人」がいらっしゃると思いますが、どんな印象を持っていますか?
本当にたくさん!60歳を超えているとは思えない、そんな先輩も多く、年齢がわかりません。(笑)。目線の先にいらっしゃる先輩方は、そこでずっと止まっていて、後から自分が追いついていく、そんな感覚です。美容だけでなく、ファッションやライフタイル、食などにも好奇心旺盛で、生き生きと人生を楽しんでいるからなのでしょうか、いつも眩しいほど輝いているんです。

共通しているのは、何事に対しても柔軟で、受け入れる力がすごいということでしょうか。出会いを大事にされていて、日々、彩り豊かに過ごされている。いつもたくさんの刺激をいただいていますね。

美しく健やかでいるために、明日海さんが心がけていらっしゃることは?
自分のことをよく観察するよう心がけています。自分をスキャンして咀嚼しながら、どうありたいのかを明確にするためです。コンプレックスがあれば、どう補うかを考え、課題があれば乗り越えて、自信につなげたいとも思っています。いま、これこれこうだから運動しなきゃ、とか、医師に相談しなきゃ、とか、自分基準を見極め、ひとつひとつクリアにしていくということでしょうか。

観察はもっぱら、鏡を見るタイミングで。人から見られる仕事なので、失礼のないよう、常にチェックする習慣もあって。体調や心の変化があると、鏡に映し出されますし、鏡を通して自分を観察していると、些細な変化に気付くことができます。お風呂上がりや朝の洗顔時、メイクするときなど、鏡を見る機会って多いはずですよね。

ヘレナ ルビンスタインは年を重ねることを憂うのではなく、いつまでも美しく輝いていられる女性を応援していきたいと考えています。明日海さんはどんなふうに歳を重ねていきたいですか?
「えっ、おいくつになったんですか?」と驚かれるような人でありたいです。体をしっかり鍛えて、進化する美容にも助けられたら、どんどん元気になっていきますよね。見て下さっている方が、ずっと変わらないと健やかさを感じていただけたら嬉しいです。肌と身体が元気でいることが大事なので、先人たちからも情報をもらいつつ(笑)、こうしたほうがいいよ、と情報共有していきたい。もちろん、肌は進化し続けるヘレナ ルビンスタインの化粧品に助けてもらえることを期待して。

ファンをはじめ、多くのヘレナユーザーにエンパワメントとなるメッセージをいただけますか?
ヘレナ ルビンスタインの「Beauty is Power」という言葉には私本当に共感しておりまして、お肌が調子がいいときには自分に自信が持てる気がしますし、心も元気でいられるような気がします。もちろん、動画のように落ち込んでしまったりする日もあると思いますが、そんなときに自分自身を元気づけて、切り替えて前向きな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

35℃のエイジングケア*3 夜のお手入れに欠かせないバンデージ テクスチャー*4 包み込まれるようなテクスチャーの秘密はウォーターインシリコン。 肌温に温めることでテクスチャーがなめらかに変化し、 素早く浸透*5するのを助けます。 素早くなじみ、べたつきません。 ベースメイクとの相性も計算された 朝仕様のバンデージ テクスチャー*4 伸びがよく、肌への密着性にすぐれた シルクのようなテクスチャーは、 肌への心地よさと、 サラッとした仕上がりを実現しました。

今よりもっと艶やかに輝き続けるために。
マダム・チェリーからのメッセージ

いいスキンケアとの出会いは、人生を豊かに彩るものです

人生には思いがけないことが様々と起こります。
70代を迎えてからモデルとして復帰したり、著書を上梓したり。そして、日々の新しい出会いの数々も。そのすべてには“人生って素晴らしい”そんなメッセージが込められているよう。

初めてマダム ヘレナのお話を伺った時も、思いがけず心揺さぶられたことを覚えています。マダムが生涯をかけて切り拓いてきたビューティサイエンスに女性の社会進出など、90歳を越えてなお現役で、進化し続けた美の創始者には尊敬の念しかありません。
「美しさは力を授けるもの、自信を与えるもの」といったマダムの格言に思いを馳せ、日々丁寧に、肌を愛しみ続けたいと思ったものです。

お洒落することは大好き。美容でのこだわりは、くすみのない明るく艶やかな肌です。若さは遠のいていくものですが、丁寧に肌を愛しんでいけば、幾つになってもくすみのない艶やかな肌は叶えられると思うから。いいスキンケア製品との出会いはまた、思いがけない喜びです。

ヘレナ ルビンスタインの「白と黒」のクリームから受け取ったのは、自分がまだまだ美しく進化していくことができる、そんなメッセージ。手のひらにじんわり伝わってくる肌の躍動感、この喜びや美の価値観を、娘をはじめ、次の世代の女性たちに伝えていけたら。そんな思いがけない発想にもときめいて。“人生ってなんて素晴らしいのでしょう”と、素直に幸せを噛み締めています。

マダム・チェリー

兵庫県芦屋のカフェ「ラ・スリーズ」オーナー。
宝塚音楽学校卒業。1946年生まれで70代の現役モデルとして、またファッションブランドのミューズとしても活躍。
著書に「マダム・チェリーの人生が楽しくなるおしゃれ」。
instagram @madame.cherry1210

*1 朝と夜 包み込むように肌に塗布すること *2 塗布する際のジェスチャーのこと *3 年齢に応じた、肌にハリ感を与えるスキンケア *4 包み込むような使用感のこと *5 角質層まで *6 ヒアルロン酸Na(保湿成分) *7 整肌成分 *8 メイクアップ効果による
オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください