メインコンテンツ

BEAUTY BEYOND TIME
120 YEARS OF AVANT-GARDE

美容賢者が綴る美と革新
輝ける未来へ

INTERVIEW

  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3

01
マダム ヘレナ ルビンスタインが
切り拓いたのは
人生の自由、未来の自由。

マダム ヘレナ ルビンスタイン

1900年、世界で初めて乾燥肌、脂性肌といった「肌質」発想に基づいた美容クリーム「ヴァレーズ」を発売したこと。
1902年、世界で初めて美容サロン「ヘレナ ルビンスタイン ビューティーサロン」を開設したこと……。
いくつもの美の革命を起こし、いくつもの美の伝説を残している、マダム ヘレナ ルビンスタイン。

ウォータープルーフ マスカラを世界で初めて誕生させたのも、ヘレナ ルビンスタインでした。
1939年、N.Y.で開催された世界博覧会の水中バレエのために開発されたのだといいます。
水に強く、涙でも汗でも滲まず、美しさを保てるものを。

過酷な環境でも堂々としていられるように。そのときを全力で楽しめるように。
女性を解放し、自由を与えたのです。

ブランドの起源である最初のスキンケア製品「ヴァレーズ」から始まった、美への飽くなき追求。
リプラスティ R.C. クリームに出合い、プロディジー CELグロウ ラインに出合い、
私はそれらに込められた深い意味を、改めて噛みしめています。

ウォータープルーフ マスカラがそうだったように、
マダムの哲学のもと独自の視点と研究によって生まれたヘレナ ルビンスタインのエイジングケア*は、私たちを解放してくれます。

*年齢に応じてハリを与えるスキンケア。

Vol.1

でも、でも……、それだけじゃない。
好きな服を着たいという気持ちも、新しいヘアスタイルやメイクアップに挑戦したいという気持ちも、
大切な人と屈託なく笑いたいという気持ちも、
すべてを後押しして、今日より明日、明日より未来と可能性を広げてくれる。

年齢を愛すべきものにして人生を自由にしてくれるのです。

誰だって、いつだって、もっと自由に!
もっと自分らしく!

120年というときを経た今、時代はまさにマダムのエンパワメントを求めています。
普遍的で本質的な、そのメッセージを。

松本千登世さん

文:松本千登世(まつもとちとせ)

フリーエディター・ライター。
航空会社勤務、広告代理店勤務、出版社勤務を経てフリーランスに。
雑誌や単行本など、美容や人物インタビューを中心に活動。

著書に、
『美人に見える「空気」のつくり方 きれいの秘訣81』(講談社刊)
『美人をつくる逆転の法則 大人の美容53』(講談社刊)
『ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密』(講談社刊)
『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。今日も「綺麗」を、ひとつ。』(講談社刊) など多数。

オリエンテーションメッセージ
最高の体験をお楽しみいただくために、デバイスを回してみてください